Q 査読者や編集者の指摘や提案の意味がわかりません.
A 保全生態学研究編集部(hozen@mail.esj.ne.jp)までメールでお問い合わせください.

Q 論文を投稿しました.2ヶ月経ちましたが査読が戻ってきません・・・
A 督促はかけていますが,査読者が多忙で遅延している可能性があります.著者から問い合わせがあったことをお伝えし,急いでいただくようお願いしますので,是非保全編集部までメイルでご連絡ください.

Q 修正原稿(査読)の期限延長をお願いしたいのですが
A 提出できる期限を具体的にメイルで保全編集部宛にご連絡いただけば,対応いたします.連絡をしないまま放置せず,期限の延長を申し出ていただきますようご協力をお願いいたします.

Q 初めて投稿したところ,査読者に送られる前に大改訂の判定で戻ってきました.他の雑誌ではあまり経験がないのですが.
A 多くの雑誌では,投稿された論文を査読者に送る前に編集者の判断で却下し,受理される可能性の高い原稿のみを査読に回します.保全生態学研究では却下する代わりに修正案を示して大改訂としていったんお返ししています.なお編集者は限られた情報のもとで修正アイデアを出していますので提案には間違いもあり得ます.著者による主体的な修正をお願いいたします.

Q 以前の指摘で修正したところに重複して修正依頼が来ました.また複数の査読者や編集者でそれぞれ指示が異なります.
A 完成度が高い原稿であれば限られた修正点を改訂することで完成原稿となりますが,不明点が多い原稿の場合は改訂により新たな疑問が生ずることも多くあります.このとき多くの雑誌では却下して再投稿を促すことになりますが,保全生態学研究では却下する代わりに修正アイデアを示して大改訂を促します.通常は改訂が進み理解が深まることで査読者の見解も収束してゆきます.このような手続きを採用しているのは,出版されずに消滅してゆく重要な研究成果をすくい上げるためです.

Q 文章を含んだ図表のAppendixはどう記載したらよいですか.投稿規定には付表の記述しかありません.
A 本文中の引用名および付録の名称は以下の記載方法でお願いします.
1.本文とともに印刷する付録
・付図n (描画を伴う図)
・付表n (表)
・付録n (数式の展開や方法の詳細な説明などの付録,文字・数式だけのもの)
2.図,表,数式の説明,プログラムのコード,GISファイル,Excelファイルなどダウンロードファイルの場合
・ファイル資料n
・ただし,ひとつのファイルに図や表が複数入っている場合は「ファイル資料2 図1」や「ファイル資料2 表3」などとして本文から引用する.

Q 保全誌に掲載された自分の論文の図表を他の本に転載したいのですが,許可を得るにはどうしたらよいのでしょうか.
A office@ 宛へメイルでご連絡ください.

Q 機関リポジトリへ論文の登録をしたいのですが,条件などありましたら教えてください.
A 下記URLをご覧ください.
(会員向け)本学会の学会誌に掲載された論文の大学図書館などへの再掲載(機関リポジトリ)に関するお知らせ
(実施機関用)機関リポジトリに対する手続きについて

Q 超過頁代はいくらでしょうか.
A 8000円/頁です(詳細は別刷等料金表をダウンロードしてご覧ください).図表を入れた版を組んでみないことには,これが発生するかどうか予測するのは難しいのですが,初校ゲラ版をご覧いただいた上で,図表の大きさや入れ方についてご希望があれば印刷所に伝えます.

Q 保全生態学研究誌を購入したいのですが,手続きの方法は?
A まず,e-mailでkaiin@宛にご一報いただいた上で,郵便局備え付けの振替用紙をご利用ください. 下記の項目および必要事項をご記入いただいた上で,お振込みをお願い致します.
-------------------------
郵便振替 01070-6-19256
加入者名 日本生態学会

保全△巻△号 ●冊購入
-------------------------
△にはご希望の巻号を,●にはご希望の冊数をご記入ください.
ご入金いただく金額は,2500×●円となります(送料込).

入金確認後,郵便振替に記されているご住所へ保全誌をお送りいたしますが,もしも入金からひと月経っても届かない場合は,お手数をおかけして恐縮ですがkaiin@宛にご連絡ください.


Q A Q A Q A Q A Q A Q A Q A Q A Q A Q A Q A Q A