日本生態学会

Home > その他の情報 >公募のお知らせ

教員・研究員・学芸員・職員等の公募

千葉県立中央博物館 学芸員の公募・・・詳細
募集人員 : 学芸員 1名
専門分野 : 植物生態学
職務内容 : 博物館等において、資料の収集、保管、展示及び調査研究、教育普及その他専門的業務に従事します
応募締切 : 令和3年7月27日(火)当日消印有効


国立研究開発法人海洋研究開発機構 ポストドクトラル研究員の公募・・・詳細
募集人員 : ポストドクトラル研究員 1名
所属 : 地球環境部門 北極環境変動総合研究センター 北極環境・気候研究グループ
専門分野:海洋学、地球化学、気候学、環境科学など
勤務地:国立研究開発法人海洋研究開発機構 横須賀本部
応募締切 : 2021年8月3日(火)13時必着


麻布大学獣医学部動物応用科学科 動物人間関係学系 教員の公募・・・詳細
募集人員 : 獣医学部動物応用科学科 動物人間関係学系 准教授又は講師1人
担当分野 : 野生動物学分野のうち,フィールドワークをベースとした野生動物管理学,保全生態学分野に造詣があり,哺乳類や鳥類を対象とする教育・研究を行えること。
着任予定日 : 令和 4年 4月 1日
応募締切 : 令和 3年 8月 3日(火)必着
問合せ先 : 麻布大学事務局教務部教務課


北海道大学大学院地球環境科学研究院環境生物科学部門教授の公募・・・詳細
公募人員:教授1名
所 属:大学院地球環境科学研究院 環境生物科学部門 生態遺伝学分野
教育担当:大学院環境科学院 生物圏科学専攻 生態遺伝学コース
専門分野:昆虫の生態遺伝学
昆虫の行動学および発生学的観点に基づき生物の環境適応機構の研究ができる方
公募締切:2021年8月6日(金)必着
着任時期:2022年4月1日


令和3年度 石川県職員(造園)採用選考試験・・・詳細
採用予定人員等:造園2名程度
職務内容:知事部局(主として土木部)等の各課や出先機関における、造園や環境デザイン、景観や都市計画等に関する専門的な職務経験を活かした、公園緑地等の調査、計画、設計、建設、維持管理及び運営等に関する専門業務
受験資格
年齢等:昭和57年4月2日から平成9年4月1日までに生まれた者で、大学卒業の者及び令和4年3月までに大学卒業見込の者
職務経験:上記2に記載する職務内容に関係する職務経験年数が3年以上ある者
申込み受付期間:令和3年6月11日(金)~8月10日(火)〔当日消印有効〕
試験の日時:令和3年9月5日(日)午前9時30分 試験開始


JAMSTEC Young Research Fellow 2022 公募・・・詳細
募集人員 約5名
※締め切りは、2021年8月16日(月)13 時(日本時間/JST)必着


富山県立大学工学部教養教育センター 教員公募・・・詳細
職種:助教または講師または准教授 1名
専門分野:生物学(特に植物学の分野、生物の多様性を軸にした研究分野が望ましい)
応募締切:令和3年8月18日(必着)


兵庫県立大学環境人間学部 専任教員(教授または准教授)の公募・・・詳細
募集人員:教授または准教授 1名
所属:環境人間学部環境人間学科 社会環境部門
専門分野:環境動態解析を基盤とした環境学に関する分野
担当予定科目:環境動態解析学、環境技術基礎論、環境学基礎実験、専門ゼミナール、卒業研究、基礎ゼミナール、全学共通科目、大学院科目他
着任時期:令和4年4月1日(金)
応募締切:令和3年8月30日(月)17:00


石川県立大学 教員の公募・・・詳細
採用教員:教授、准教授、講師または助教  ※ 助教ついては任期5年
所属学部:生物資源環境学部 環境科学科(里山里海創生系)
専門分野:流域環境学(森林・防災・流域管理)
着任時期:令和4年04月01日予定
応募締切:令和3年08月31日必着


広島修道大学教員公募・・・詳細
主要担当科目:「生物学」、「生命科学」
所属学部:人間環境学部
採用職名:助教
※就任2年目の1月までに期間の定めのない専任教員への変更を申し込むことができます。その際は、業績等の審査の後、就任3年目または4年目から期間の定めのない専任教員(准教授)となります。なお、申し込みがない場合、助教の任期は3年です。
人員:1名
採用時期:2022年4月1日
応募締切:2021年8月31日(火)必着


神戸大学大学院理学研究科教授または准教授(生態学分野:女性限定)の公募・・・詳細
募集人員:教授または准教授 1名
所属:生物多様性講座生態・種分化教育研究分野
専門分野:生態学およびその関連分野
締切:令和3年8月31日(火)
着任時期:令和4年4月1日以降のできるだけ早い時期


京都大学 理学研究科生物科学専攻(動物学系)教授の公募・・・詳細
職種:教授
募集人員:1名
所属:京都大学 生物科学系
勤務場所:京都大学大学院理学研究科生物科学専攻 動物学系 自然史学講座動物行動学分科
専門分野:自然史学的視点からの動物行動学
締切:令和3年8月31日(火)


龍谷大学・先端理工学部 環境生態工学課程 専任教員(准教授または講師)募集
メール応募締切 : 2021年 8月 31日(火)24時
問合せ先 : 環境生態工学課程 課程副主任 教授 三木健 tksmiki@rins.ryukoku.ac.jp
募集内容:環境生態工学課程では、以下の専門分野と着任予定日で、それぞれ1名の教員を募集します。応募にあたっては、書類選考資料作成の負担をできるだけ抑えていただけますよう形式自由とすると同時に、researchmap等の公開情報での代替も可能です。また、問い合わせを頂いた方には、着任後の待遇面について、できるだけ詳しい情報を一括して提供いたしますので、教育環境・研究環境・大学運営にについてご理解いただけると思います。詳しくはリンク先の詳細情報をご覧ください。
1)動物を対象の中心とした生態学を専門とする方
着任予定日:2022年4月1日
詳細
2)植物生態学を専門とする方(植物と動物の相互作用を含む ただし植物により明るい方)
着任予定日:2023年4月1日(2022年4月1日ではありません)
詳細


東京都市大学理工学部 教授または准教授(常勤)の公募・・・詳細
募集人員:教授または准教授 (常勤) 1名
所属:理工学部 自然科学科
専門分野:生命科学及び天然物化学
締切:2021年9月5日(日)必着


国立研究開発法人海洋研究開発機構 研究員の公募・・・詳細
募集人員:研究員 2名
所属:地球環境部門 海洋生物環境影響研究センター 海洋プラスチック動態研究グループ
専門分野:環境学、生物学、情報科学、分析化学、海洋物理学、社会科学等
勤務地:国立研究開発法人海洋研究開発機構 横須賀本部
締切:2021年9月7日(火)13時必着


千葉大学大学院理学研究院 教授または准教授(常勤・女性限定)の公募・・・詳細
募集人員:教授または准教授 1名
所属:千葉大学大学院理学研究院生物学研究部門
専門分野:基礎生物学(従来のミクロ生物学とマクロ生物学の融合新領域など新たな研究領域の創成を目指し、熱意をもって研究・教育に取り組んでいただける方)
応募締切: 2021年9月30日(木)
着任時期: 2022年4月1日(金)


研究助成および賞の公募

日本生態学会に寄せられた公募について,①対象,②助成又は賞などの内容,③応募締め切り,④申し込み・問合せ先をお知らせします.

研究助成金申請の学会推薦について


2022年 日本国際賞平成記念研究助成・・・詳細
① 「社会的課題の解決に資するための知識統合・連携型研究」を広く募集します。
・理系、文系を問わず応募が可能です。
・応募者自らが考える「目指したい世界とその実現に向けた課題」を提示してください。
・科学技術や人文・社会科学等の専門分野を超える人達の国際的な連携をエンカレッジします。
・文化・芸術分野との融合や、医学、農学分野の提案も期待します。
※年齢制限はありませんが、45歳程度までの人材の発掘を考えています。
② 1件500万円~1000万円程度  4~8件程度
③ 2021年7月31日
④ 公益財団法人 国際科学技術財団 日本国際賞平成記念研究助成係


公益財団法人長尾自然環境財団 2021年度研究者育成支援プログラム(CGF)・・・詳細
① 主にアジア・太平洋地域の途上国における野生動植物の保護や生態系の保全に貢献する調査研究を助成します。対象者は40歳未満で前述の地域・国に国籍を持ち、現在対象国内の大学・研究機関で研究に従事し、相応の研究業績を持つ研究者(プロジェクト・サイエンティスト:PS)です。調査研究は、日本の大学・研究機関等に所属経験を持つ研究者で、PSの研究を指導し、PSの所属機関等とも協力が可能な研究者(プロジェクト・コーディネータ:PC)との共同提案とします。
※助成が決定した研究であっても、新型コロナウィルスの感染拡大による行動制限等で計画通りに研究が開始できないときは、安全が確保されるまで助成金の支払いを延期する場合があります。
② 年間の助成総額2,000万円。1件当たり150万円を上限とします(PCの調査旅費は別途支給)。
③ 締切は年2回:2021年7月31日必着、2022年1月31日必着
④ 公益財団法人長尾自然環境財団


第48回(2021年度)岩谷科学技術研究助成・・・詳細
① エネルギー及び環境に関する独創的で優れた研究に対する助成
② 採択件数は毎年65件程度で、1件当りの助成限度額は200万円
③ 2021年7月31日(土)
④ 公益財団法人岩谷直治記念財団


第48回(2021年度)岩谷直治記念賞・・・詳細
① エネルギー及び環境に関する優れた技術開発で、かつ顕著な産業上の実績が認められるもの
② 採択件数は原則として毎年2件以内で、1件につき賞状、賞牌及び副賞500万円
③ 2021年8月31日(火)
④ 日本生態学会事務局 ※学会推薦が必要です


第30回(2021年度)藤原ナチュラルヒストリー振興財団 学術研究助成・・・詳細
① 日本に居住し、非動物(地学・植物)分野においてナチュラルヒストリーの研究を行う、研究者または研究グループ
② 1件あたり 30~100万円(研究期間:2022年4月1日から1年間 )
③ 2021年9月1日(水) 当日消印有効
④ 藤原ナチュラルヒストリー振興財団


公益財団法人 旭硝子財団 2022年度採択研究助成「サステイナブルな未来への研究 助成」・・・詳細
① 自然と人との良好な関係の維持・構築に資するフィールド調査を中心とする研究を助成します(具体的な研究領域は応募要項をご覧ください)。申請者は、国内の大学とその附置研究所、大学共同利用機関、高等専門学校に勤務し、主体的に研究を進めている常勤の研究者。「提案研究コース」は、1976年1月1日以降生まれであること、「発展研究コース」は、年齢制限を設けません。
② 提案研究コース:50~100万円/件
 発展研究コース:200~400万円/件
③ 2021年9月10日
④ 公益財団法人 旭硝子財団


2022年度日本万国博覧会記念基金補正事業募集・・・詳細
①「国際文化交流、国際親善に寄与する活動」と「教育、学術に関する国際的な活動」について、複数年度助成事業と単年度助成事業を募集します。
②複数年度助成事業(最長)3年間:一件につき総額2000万円を上限とし(1年間の上限1000万円)、数件の採択を予定
 単年度助成事業:一件につき300万円を上限とし、数十件の採択を予定
③ 募集期間:2021年7月1日から9月30日
  申請書受付期間:2021年9月1日から9月30日
④ 公益財団法人 関西・大阪21世紀協会 万博記念基金事業部 


第43回(令和3年度)沖縄研究奨励賞推薦応募・・・詳細
① 沖縄を対象とした将来性豊かな優れた研究(自然科学、人文科学または社会科学)を行っている令和3年7月15日現在50歳以下の研究者またはグループの方(3名以内)。
出生地や国籍は問いません。
② 研究助成金50万円
③ 応募開始:令和3年7月15日(木)
  応募締切:令和3年9月30日(木)
④ 日本生態学会事務局 ※学会推薦が必要です


第30回(2021年度)木原記念財団学術賞・・・詳細
① 生命科学分野の50才以下(2021年9月30日締切日現在)の国内の研究者で、高い基礎研究レベルを持つ優れた独創的研究であって、すでにインパクトのある研究成果を上げつつも今後のさらなる発展が大きく期待できる研究を行っている方。
② 賞金200万円
③ 2021年9月30日(木)
④ 公益財団法人木原記念横浜生命科学振興財団 学術賞担当


令和3年度(第62回)東レ科学技術賞・・・詳細
① 学術上の業績が顕著な方、学術上重要な発見をした方、効果が大きい重要な発明をした方、技術上重要な問題を解決して、技術の進歩に大きく貢献した方。年齢は問いません。
② 1件につき、賞状、金メダルおよび賞金500万円(2件以内)
③ 令和3年10月8日(金)必着
④ 日本生態学会事務局 ※学会推薦が必要です


令和3年度(第62回)東レ科学技術研究助成・・・詳細
① 国内の研究機関において自らのアイディアで萌芽的研究に従事しており、かつ今後の研究の成果が科学技術の進歩、発展に貢献するところが大きいと考えられる若手研究者(原則として推薦時45歳以下)。
② 総額1億3千万円。1件3千万円程度まで10件程度
③ 令和3年10月8日(金)必着
④ 日本生態学会事務局 ※学会推薦が必要です


鹿島学術振興財団 2022年度研究助成・・・詳細
① 我が国の学術の発展並びに学術の国際交流を図るため、工学を含む自然科学、人文・社会科学、学際融合的な分野・領域等において、国民生活向上への寄与が期待される研究を幅広く対象
●助成対象となる主な研究分野:都市・居住環境の向上、国土・資源の有効利用、防災・危機管理の推進、文化・自然環境の保全
② 1件300万円を上限とし、2022年度採択予定額は総額6,300万円とする。
③ 2021年11月20日(土)
④ 日本生態学会事務局 ※学会推薦が必要です


鹿島学術振興財団 2022年度国際共同研究援助・・・詳細
① 我が国と海外の大学等研究機関の研究グループによる共同研究に対して研究費の援助を行います。
●援助対象となる主な研究分野:都市・居住環境の向上、国土・資源の有効利用、防災・危機管理の推進、文化・自然環境の保全
援助対象研究者:我が国の大学等の研究機関(営利企業を除く)に所属する常勤の研究者であり、海外の大学等の研究機関の研究者グループと共同で研究を行う研究者グループの代表者
② 1件1,000万円を上限(採択予定件数3件)
③ 2021年11月20日(土)
④ 鹿島学術振興財団


鹿島学術振興財団 2022年度国際研究集会・・・詳細
① 我が国で開催される学術的専門家・研究者の参加する中小規模の国際会議の費用を援助する。
我が国の大学、研究機関(営利企業を除く)等に所属する研究者であり、援助を希望する研究集会の開催責任者(組織委員長等)
② 原則として1件50万円(採択予定件数28件程度)
③ 2021年11月20日(土)
④ 鹿島学術振興財団


2021年度 下中科学研究助成金・・・詳細
① 全国小学校、中学校、高等学校、中等教育学校、特別支援学校及び高等専門学校の教員、並びに教育センターや教育委員会等にあって教育実務を行う者
② 総額900万円、1件当り30万円、30件を予定
③ 2021年12月10日(金)
④ 公益財団法人 下中記念財団事務局


学生対象の公募

基礎生物学研究所(総合研究大学院大学 基礎生物学専攻)大学院オンライン説明会・・・詳細
基礎生物学研究所には5年一貫および博士3年次編入の大学院コースがあり、21のラボが大学院生を募集しています。
対象:大学院入学に関心のある大学生・修士院生・高専専攻科生および、即卒の方
日時:2021年8月27日(金)午後1時より
問合せ先: 自然科学研究機構 基礎生物学研究所


第3回高校生 生きもののつぶやきフォトコンテスト開催・・・詳細
生物多様性の大切さを理解し、未来に継承する精神の育成を目指し「生きものの“つぶやき”フォトコンテスト」を行います。自然の生きものたちの気持ちを想像し代弁してください。
選考・表彰:2021年12月上旬「優秀賞」を選出
       受賞者には記念品および副賞(図書カード)を贈呈
応募締切 :2021年10月31日
問合せ先 :生物科学学会連合事務局

その他の公募

JST-台湾MOST共同研究 Nano-electronics分野の公募・・・詳細
公募領域:AIシステム構成に資するナノエレクトロニクス技術
採択課題数:3課題(予定)
日本側研究費:3年間で1,200万円を上限(直接経費および間接経費)
募集締切:2021年7月31日(土)午前1時(日本時間)


藤原セミナー募集・・・詳細
対象分野:自然科学の全分野
応募資格:わが国の大学等学術研究機関に所属する常勤の研究者
開催件数:1件以内
開催費用援助額:12 , 000千円 以内
申請受付期間:2021年4月1日(水)~同年7月31日(土)(7月31日24時到着分まで有効)


東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所 2021年度フィールドネット・ラウンジ企画公募・・・詳細
東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所では、海外で調査・研究をされる方を対象として、研究情報交換ネットワークFieldnetを運営しており、文系・理系を問わずさまざまな分野の研究者700名以上が登録しています。例年、次世代の研究者が組織するシンポジウムやワークショップ等の研究会企画、フィールドネット・ラウンジ企画を公募してきましたが、今年度は、新型コロナ感染症の問題により、オンライン企画に限って、公募いたします。オンライン会議の特性を生かした企画をお待ちしています。
【応募資格】
博士課程後期の大学院生、各種研究員、助教など次世代の研究者で、Fieldnetのメンバー(登録者)の方は、どなたでも企画責任者となって応募することができます。
【公募内容】
研究会企画 最大2件程度
人類学、言語学、地域研究、歴史学、生態学、医学、生物学、農学をはじめとする諸学問分野に関連する研究会企画を公募します。若手研究者が主体となって企画したものに限りますが、登壇者が全て若手である必要はありません。海外で行ったフィールドワークにより得られた知見や、フィールドワークの手法に関する企画を歓迎します。また、学際的な企画を期待します。
【応募締切】
2021年7月30日(金)必着


日本学術振興会 令和4年度リンダウ・ノーベル賞受賞者会議派遣事業・・・詳細
リンダウ・ノーベル賞受賞者会議とは、ドイツ南部のリンダウ市において、ノーベル賞受賞者が世界各地から集った博士課程学生及び若手研究者に対して講演やディスカッション等を行う国際会議です。
対象分野:化学関連分野
日 程 :令和4年(2022年)6月26日(日)~7月1日(金)
申請締切:令和3年(2021年)8月6日(金) 17:00(日本時間)
申請方法:申請者の所属機関を通じた電子申請システムによる申請(所属機関が日本国内の場合)


日本学術振興会 第13回HOPEミーティング参加者募集・・・詳細
HOPEミーティングは、アジア・太平洋・アフリカ地域の博士課程学生及び若手研究者が、ノーベル賞受賞者をはじめとする著名研究者や同年代の研究者と交流する合宿形式の会議です。新型コロナウイルス感染症の世界的な流行を考慮し、今回初めて全プログラムをオンラインで開催します。
日 程:令和4年(2022年)3月7日(月)~3月11日(金)
開催方式:全プログラム ウェブ会議システムによる会議(オンライン開催)
申請締切:令和3年(2021年)年8月20日(金)17:00
申請方法:申請者本人が、HOPEミーティング専用電子申請システムより申請


東京大学大気海洋研究所 研究船共同利用公募
国・公・私立大学及び公的研究機関の研究者、並びにこれに準ずる者を対象とし、以下の内容について公募します。
1.令和4年度 東北海洋生態系調査研究船(学術研究船)新青丸及び深海潜水調査船支援母船よこすか共同利用公募
全国の大学・研究機関のための共同利用研究航海を公募します。対象は主に日本周辺海域とし、MSR申請を必要とする海域は除きます。
申込期限:令和3年8月20日(金) 17:00

2.令和5・6・7年度 学術研究船白鳳丸共同利用公募
学術研究船「白鳳丸」による、令和5年度から7年度の3年間に実施する、全国の大学・研究機関のための共同利用研究航海計画を公募します。共同利用を希望される方は、登録期限までに下記の方法で研究計画要旨を登録の上、企画調整シンポジウムにおいて研究計画を発表していただきます。
登録期限:令和3年9月24日(金) 17:00
企画調整シンポジウム開催日程:令和3年10月11日(月)〜12日(火)

3.令和4年度 学術研究船白鳳丸共同利用(新規航海提案型)公募
全国の大学・研究機関のための共同利用研究航海を公募します。「白鳳丸」航海計画に基づき、令和4年度に実施予定の研究航海に加え、比較的短期間で実施できる日本周辺海域での特に「白鳳丸」を必要とする海洋研究を募集します。
申込期限:令和3年8月20日(金) 17:00

4.令和4年度 学術研究船白鳳丸共同利用(計画航海参加型)公募
令和4年度「白鳳丸」航海計画に基づき、令和4年度に実施予定の研究航海に参加して実施する小規模な研究を公募します。
申込期限:令和3年8月20日(金) 17:00


令和3年度 ビオトープ管理士資格試験・・・詳細
受験申込期間:令和3年6月1日(火)~9月21日(火)消印有効
筆記試験日:令和3年11月7日(日)


生物分類技能検定・・・詳細
生物に関心をもつ方々を対象に、分類の知識向上を目的とし、野生生物や自然環境の調査・保全を担う人材を育てるとともに、動物分類学や植物分類学の発展に寄与しようとするものです。さらに、野生生物調査に関わる生物技術者の育成と、自然環境調査の精度向上への貢献をめざします。

4級・3級2級(動物)2級(植物・水圏生物)1級
試験日 9/23~10/24 10/30 11/6 10/23
受付期間 7/1~10/21 8/2~10/27 8/6~11/3 6/1~6/30

topへ