日本生態学会

Home > 学会誌・刊行物 > 日本生態学会誌

一般社団法人日本生態学会 会誌刊行規定(2014年6月22日改訂)

  1. 日本生態学会は,機関誌としてEcological Research,日本生態学会誌および保全生態学研究を刊行する.
  2. これらの会誌には,広く生態学に関する原著,総説,短報,学術情報などを掲載する.
  3. 会誌はともに年1巻とし,Ecological Researchの1巻は6号,日本生態学会誌の1巻は3号,保全生態学研究の1巻は2号とする.
  4. 投稿の規定は別に定める.
  5. この規定の改訂は,編集委員会の議を経て理事会の承認を得て行うものとする.

日本生態学会誌投稿規定(1955年4月制定、2016年7月改訂)

編集方針 日本生態学会誌は、一般社団法人日本生態学会が定期的に刊行する和文の生態学の研究・情報誌であり、生態学の発展と普及を図ることを目的とし、和文で刊行することによって、その情報が広く効率よく伝わる記事を扱う。

記事の区分 日本生態学会誌は以下の記事を掲載する。

  1. 原著:生態学に関する新たに得た学術的知見をまとめ考察した論文。
  2. 総説:生態学の各分野の現状を紹介し、これまでの総括と今後の展望を示した論文。
  3. 特集:生態学の各分野の現状を紹介し今後の発展に資するために、企画者がテーマを決め執筆を依頼した複数の論文。
  4. 技術報告:新知見を有する生態学的な技術開発に関する論文。
  5. 学術情報:編集委員による依頼執筆、あるいは投稿による、研究や教育に関する情報、生態学的な調査記録。
  6. 学術情報特集:企画者がテーマを決め執筆を依頼した複数の学術情報記事
  7. 意見:投稿による学会の活動、研究、教育などに関する意見。

投稿資格 記事の第1著者および特集の企画者は、正会員に限る。共同執筆者にはそれ以外の者を含むことができる。編集委員会が認めたときはこの限りではない。

特集の企画 特集の企画を提案する際には、企画者の氏名、所属、連絡先(電子メール、電話、FAX、住所)と特集のテーマ、執筆予定者(執筆者の了解を得ておくことが望ましい)、特集を組むことの意義と各論文の要旨(あわせて2000字程度)を、電子メールで学会事務局日本生態学会誌担当宛に送付する。

査読 論文(原著、総説、特集、技術報告)では、担当編集委員のもとで、記事の区分に基づく査読が、複数の匿名査読者によってなされる。投稿者は、希望する査読者候補2名とその連絡先、担当編集委員候補1名の氏名を、投稿時に編集委員会に知らせることができる。査読の結果、論文の内容に問題があると編集委員会が判断したときは、投稿者にその旨を通告し、改訂を求める。掲載が不適当であると編集委員会が判断した論文は、理由を明記して投稿者に返却する。学術情報、意見は、編集委員会が掲載の可否を判断する。

論文の受理 担当編集委員がその論文の掲載を可とし編集委員長がそれを認めた日付をもって、その論文の受理の日付とする。

ページ数の制限 原著論文および特集の中の論文・技術報告の長さは刷り上り10ページ以内(1ページ2,000字程度)、総説は16ページ以内、意見および学術情報は6ページ以内とする。これを超過するものは、超過ページ印刷代の全額を著者が負担することで掲載を認める場合がある。

原稿の書き方 原稿は、12ポイント程度の文字、30行で、A4版の用紙に印刷できるファイルにする。上下左右には3cm程度の余白を設け、通して行番号・ページ番号をつける。日本語以外の使用は著者名、引用文献、学名など、日本語で置き換えられない場合に限る。句読点は「。」「、」を用いる。

原稿の構成 論文(原著・総説・特集・技術報告)の原稿は、表題(日本語および英語)、簡略表題(20字以内)、著者の氏名・所属(日本語および英語)、責任著者の氏名とメールアドレス、要旨(日本語1,000字以内および英語200語以内)、キーワード(表題に含まれない内容を適切に表す語句5つ以内で日本語と英語の両方で記す)、本文、引用文献、表、図の説明(著者の判断で英語の説明を加えることができる)、図の順で構成する。特集・技術報告では英語の要旨、キーワードはなくてもよい。謝辞を記す場合は、本文の最後に「謝辞」という見出しを立て、一段落で簡潔に述べる。学術情報、意見の場合は、表題、著者の氏名・所属、本文から構成される。

生物名・単位 生物名は基本的に和名(カタカナ)を用い、本文の初出の箇所に学名(イタリック表記)をつける。なお、命名者名の記述は任意でよい。単位はMKS単位系を用いる。

文献の引用 本文中での文献の引用は、次の例に従う。著者が3名以上の文献については、第二著者以降を、和文のものは「…ほか」、英文のものは「… et al.」とする。

例: 近年、岡崎・板本(2009)は大阪の……
……の研究がおこなわれてきた (西村2008; Sugiyama and Hayashi 2001; 田中ほか 印刷中; Yamada et al. 2005a, 2005b, 2006)。

引用文献 文献は言語にかかわらずアルファベット順に配列し、すべての著者が同じ文献が複数ある場合には年代順とする。著者と出版年が同一のものは、年の後にアルファベットを付して区別する。著者が3名以上で第一著者・出版年が同じ文献についても同様に区別する。各文献は下記の例にならって記載すること。

○雑誌からの引用 <著者名 (発行年) 表題. 雑誌名, 巻:初頁-終頁>
著者名は姓が先、名を後とし、間に半角スペースを入れる。著者名間は半角コンマとスペースで区切る。
Green JL, Plotkin J B (2007) A statistical theory for sampling species abundances. Ecology Letters, 10:1037-1045
岡崎 純子, 板本 瑶子 (2009) 大阪教育大学柏原キャンパスの植物相とその変化. 大阪教育大学紀要 III, 58:15-35
Yamada T, Ngakan OP, Suzuki E (2005a) Differences in growth trajectory and strategy of two sympatric congeneric species in an Indonesian flood-plain forest. American Journal of Botany, 92:45-52
Yamada T, Suzuki E, Yamakura T, Tan S (2005b) Tap-root depth of tropical seedlings in relation to species-specific edaphic preferences. Journal of Tropical Ecology, 21:155-160

○単行本の引用 <著者名 (発行年) 表題. 出版社, 出版社所在地>
山田 剛史, 杉澤 武俊, 村井 潤一郎 (2008) Rによるやさしい統計学. オーム社, 東京
デ クルーン H, フィッサー EJW (編) (2008) 根の生態学 (森田 茂紀, 田島 亮介, 森田 茂紀, 田島 亮介 訳). シュプリンガー・ジャパン, 東京
Roger C, Calvin D, Richard L (2008) Dispersal in Plants. Oxford University Press, Oxford

○単行本から一部を引用<著者名 (発行年) 表題. (単行本著者名) 単行本表題, 初頁-終頁. 出版社,出版社所在地> <Author (year) Title. In: Author of book, Book title, first page-end page. Publisher, City>
鷲谷 いづみ, 村上 興正 (2002) 日本における外来種問題.(日本生態学会 編)外来種ハンドブック, 6-8. 地人書館, 東京
Maun MA (2004) Burial of plants as selective force in sand dunes. In: Martinez ML, Psuty NP (ed), Coastal Dunes Ecology and Conservation,119-135. Springer, Berlin

 「印刷中」 (in press)という用語は、その論文が受理されている場合にのみ使用し、未受理の場合には、本文中で「未発表」と記し、引用文献リストに入れない。印刷中の文献は、刊行年度が未定か確定かによって、それぞれ以下のように記す。
  大串隆之 (印刷中) 生物多様性の総合理論. 日本生態学会誌
  大串隆之 (2005) 生物多様性の総合理論. 日本生態学会誌 (印刷中)

  

ウェブサイトからの引用については文献リストに含めずに、本文中にURL(ウェブサイト住所)、確認した日付、必要なら掲載責任者名を記す(例:「知床世界遺産候補地管理計画(環境省東北海道事務所)」、http://www.sizenken.biodic.go.jp/park/higashihokkaido/topics/8/、2005年11月2日確認)。

 表は1つずつ別紙に書かなければならない。1つの表は1ページに印刷できる大きさとする。1ページを越える表については2つ以上に分割すること。ただし、著者が費用の全額を負担する場合には、折り込みの表などを認める場合がある。
 表の説明は、その上部にまず「表1」のように書き、ついで表題をあげたのち、本文を読まなくとも理解できる程度に説明を加える。

 図(写真を含む)は、1つずつ別紙に鮮明に描かき、原則としてそのまま製版できる状態であること。また上端欄外に、図の番号と著者名を書くこと。
 カラー印刷(図および写真)の場合は、その製版印刷の全額を著者の負担とする。
 図の説明は別紙にまとめて書く。各図の説明は、まず「図1」のように書き、ついで表題を挙げたのち、本文を読まなくとも理解できる程度に説明を加えること。
 図の説明は別紙にまとめて書く。各図の説明は、まず「図1」のように書き、ついで表題を挙げたのち、本文を読まなくとも理解できる程度に説明を加えること。
 図の作画者や写真の撮影者が著者と異なるときは、そのことを明記し、また必要な場合は、著者においてあらかじめ著作権者の許可を受けておくこと。

投稿の方法 原稿は、原則として電子投稿システムを利用して投稿する。日本生態学会のホームページから「和文誌論文投稿システム」にアクセスし、ユーザ登録する。その上で投稿画面の指示にしたがい論文種別選択で「生態誌-●●」を選んで原稿ファイル(本文、図、表など)をアップロードする。不明の点は投稿システムトップの著者マニュアルを参照のこと。  電子投稿システムを利用できない場合は、原稿の全てを1つのpdfかMSWordファイル、または図だけのファイル(pdf、MSWord、jpegまたはtiff)とその他のpdfかMSWordファイルの2つにまとめて、電子メール(3MB以内)で送るか、電子記録媒体に保存し郵送する。

別刷 論文の著者は、50部の別刷とPDFファイルを無料で受け取ることができる。50部を越えて別刷を必要とする場合は、超過分についての実費を徴収する。その他の記事の別刷は、実費を著者が負担する場合に限って作成する。別刷の希望部数(無料分を含む)は、初校に同封される用紙に記入すること。

校正 論文の校正は原則として、初校のみを著者が行い、再校以降は編集幹事の責任において行う。校正は印刷のミスのみについて行うものとし、本文や図・表を変更することは認めない。誤りなどが見つかってやむを得ず原稿を変える場合には、組み直しに要した費用を著者に請求することがある。

著作権(複製権、公衆送信権) 著作権(複製権、公衆送信権)は一般社団法人日本生態学会に帰属する。 図表の転載は学会の許可を受けること。

著者による著作物の利用 著者個人又は著者が所属する法人若しくは団体のWeb サイトにおいて,自身の記事を掲載する場合には(機関リポジトリへの保存及び公開を含む)、CiNiiの当該記事へのリンクをすることが望ましいが、PDFそのものを掲載する必要がある場合には、学会(編集委員会)に通知するものとする。なお,利用にあたっては出典(本誌誌名,掲載巻号,ページ)を明記する。

規定の改訂 「編集方針」「記事の区分」「投稿資格」「査読」「著作権」および「規定の改訂」などの重要事項の改訂については、理事会の承認を必要とする。ただし、これらを除く軽微な変更については、日本生態学会誌編集委員会の議を経て行い、理事会に報告する。

日本生態学会誌への原稿送付および編集に関する連絡先は、本誌最新号並びに「一般社団法人日本生態学会」公式ウェブサイトhttp://www.esj.ne.jp/esj/を参照すること。

日本生態学会誌への原稿送付および編集に関する連絡先
学会事務局日本生態学会誌担当
〒603-8148 京都市北区小山西花池町1-8
一般社団法人日本生態学会事務局 気付
Tel/Fax: 075-384-0250
E-mail: jjedit@mail.esj.ne.jp
 *迷惑メール防止のため、「@」が全角となっております。送信の際は@を半角に変換してください。

トップへ