日本生態学会

Home > 学会について

生態学会とは

 一般社団法人日本生態学会は,生態学およびその関連分野に関わる研究を推進するため,研究者を始め関連する職業や学生の方々を会員として,1953年に設立されました。現在、約3900人の会員が入会されており,研究活動だけでなく,生態学に関連した社会的アウトリーチにも力をいれてきました。

 日本生態学会は,これまで自然保護委員会を中心として数々の自然保護に関わる提言や要望書を提出してきましたし,生態系管理委員会でも自然再生に対する提言を行ってきました。最近の生物多様性や気候変動の問題は,そうした学会と社会への関わりの幅をこれまで以上に広げている,ということは間違いありません。約3900人の専門家集団としての生態学会は,それだけ社会に対する影響力も大きく,社会に対する科学的な貢献と責任を果たしてゆくことが重要と考えています。

活動方針(アジェンダ)

 日本生態学会は,生態学とその関連分野を研究する者のコミュニティーで,研究成果の発信,会員の交流を通じて生態学を深化・発展させること,またその成果を社会に還元することを目的として活動を行ってきた.ここで,近年の社会情勢の変化に対応するために強化する活動の指針として,以下のアジェンダを採択する.

次世代の育成:生態学的研究に携わる学生や若手研究者の育成,研究環境の改善,キャリア形成支援に積極的に取り組む.

国際化:学術大会およびEcological Researchを通して一層の国際化を推進する.国際機関との交流も促進する.とくに,アジアの生態学研究者どうしが交流する場としての機能を高める.

社会貢献:生態学の知識の普及に積極的に取り組むとともに,現代社会が抱える諸問題に対し生態学的見地からの提言を主体的に行う.生態学研究者と諸問題の解決に取り組む実務者との協働を促す.

他分野との横断的交流:他分野・領域との交流を積極的に行うことで,生態学をさらに深化させ,知の総合において生態学が果たすべき役割の重要性への理解を促す.

※2015年3月20日総会にて決議