日本生態学会

Home > 学会誌・刊行物 > 日本生態学会誌

日本生態学会誌(Japanese Journal of Ecology)

日本生態学会誌

編集方針

 日本生態学会誌は、日本生態学会が定期的(年3号)に刊行する和文の生態学の研究・情報誌です。生態学の発展と普及を図ることを目的とし、和文で刊行することによって、その情報が広く効率よく伝わる記事を扱います。新知見に基づく原著、多くの研究を総括した総説、複数論文で各分野の現状を紹介し将来を展望する特集、生態学的な技術開発の報告、生態学の研究や教育に関する学術情報、意見からなります。多くの方からのご投稿を期待しています。

※電子体は66巻よりJ-STAGEにて公開いたします。

投稿する方へ

  1. 日本生態学会誌への投稿ができるのは、原則として日本生態学会の会員です。非会員の方は入会手続きを済ませて下さい。
  2. 「投稿規定」を熟読し、これに従って原稿を書いてください(この規定に添わない原稿は投稿者に差し戻す場合があります)。投稿は【日本生態学会和文誌投稿システム】から受け付けます。このシステムをご利用いただけない環境の方は、メールに原稿ファイルを添付してご送付ください。超過頁やカラーの原稿がある場合は著者負担の費用が発生します(注)。特集の投稿を希望される方は「特集の進め方(PDF)」を参考にしてください。
  3. 投稿者は査読結果受け取り後、改訂原稿を送る際には、「コメントへの対応」も別途添えて下さい。これは再査読の際に査読者の方が大変参考とされるものです。どの箇所をどのように改訂したか(または改訂しなかった理由)について述べて下さい。
  4. 受理後、最終原稿を投稿者から受け取りましたら、こちらから専門家にabstractの英文校閲を依頼します。著者校正は初校のみで、著者の方にゲラを送付します。その頃調査出張等で不在とされる場合は、編集部までお知らせ下さい。
(注)
  1. 超過頁は1.5万円/1頁の著者負担となります。(ページ数の制限は原著論文・特集の中の論文・技術報告は刷り上り10ページ以内(1ページ2,000字程度)、総説は16ページ以内、意見および学術情報は6ページ以内です。)
  2. 図のカラーについては以下のようになります。
    1)冊子・PDF共にカラー希望の場合:7万円/1頁の著者負担
    2)冊子モノクロ・PDFカラー希望の場合:無料
    PDFカラーは生態学会誌電子版(J-Stage掲載)に反映されます。代表著者には発行後ご自身の論文のPDFデータをお送りします。 (注:「冊子モノクロ・PDFカラー」を希望の場合は、図がモノクロでも読者に判りやすいよう十分ご配慮ください)

日本生態学会誌編集委員会

任期:2017年1月1日~2019年12月31日
編集委員長: 伊東明
編集幹事: 安房田智司 永光輝義 名波哲
編集委員: 相場慎一郎 大澤剛士 岡野隆宏 鏡味麻衣子
笠原玉青 草刈秀紀 古賀庸憲 小林剛
今藤夏子 島野光司 白川勝信 髙田宜武
土田浩治 東樹宏和 戸丸信弘 中川弥智子
箱山洋 肘井直樹 嶺田拓也 三宅崇
村岡裕由 村上貴弘 山浦悠一 和穎朗太
トップへ