日本生態学会

Home > その他の情報 >公募のお知らせ

教員・研究員・学芸員・職員等の公募

国立研究開発法人海洋研究開発機構 地球環境部門 海洋観測研究センター研究員の公募・・・詳細
募集対象部署:地球環境部門 海洋観測研究センター 海洋データ統合研究グループ
募集職種:特任研究員 1名
募集内容:AIPネットワークラボ「日独仏AI研究」の新規研究課題「強化型データストリーム解析(EDDA):ラフパス理論と機械学習アルゴリズムの融合(2020年度〜2023年度 研究代表者:杉浦 望実)」の遂行
関連する専門分野:海洋学・気象学などを含む地球科学・環境科学全般、数理・情報科学全般
応募締切:2021年3月22日(月)13 時(日本時間/JST)必着


研究助成および賞の公募

日本生態学会に寄せられた公募について,①対象,②助成又は賞などの内容,③応募締め切り,④申し込み・問合せ先をお知らせします.

研究助成金申請の学会推薦について


山田科学振興財団 2021年度研究援助・・・詳細
① 自然科学の基礎的研究に対して研究費の援助。
1) 萌芽的・独創的研究
2) 新規研究グループで実施される研究
3) 学際性、国際性の観点からみて優れた研究
4) 国際協力研究
② 1件当たり100~500万円、援助規模は2020年度と同程度(総額4,000万円、採択件数19件)を予定
③ 2021年2月28日必着
日本生態学会事務局(学会推薦が必要です)


日本動物学会女性研究者奨励OM賞・・・詳細
① 不安定な身分等の理由により研究を続けることが困難な状況にありながら、強い意志と高い志を持って優れた動物科学分野の研究を推進しようとする女性研究者を支援することを目的とする
② 1件当たり50万円(2件)
③ 2021年3月31日(水)正午
④ 公益社団法人 日本動物学会


日本動物学会動物学教育賞・・・詳細
① 活発な啓蒙活動等により動物学の社会への普及に著しく貢献した個人または団体(動物学会員の推薦を要します)
② 1件当たり5万円
③ 2021年3月31日(水)正午
④ 公益社団法人 日本動物学会


タカラ・ハーモニストファンド・・・詳細
① 日本の森林や水辺の自然環境を守る活動や、そこに生息する生物を保護するための研究に対して助成。自然環境を守り、育てる活動または研究を実践する個人および団体対象
② 2021年度の助成金総額は500万円前後、助成件数は10件程度
③ 2021年3月末日
④ タカラ・ハーモニストファンド事務局


2021年度ニッセイ財団 環境問題研究助成 学際的総合研究・・・詳細
① 人間活動と環境保全との調和に関する研究-陸域・淡水生態系の保全再生と持続可能な利用、気候変動の影響や自然災害に対する適応力の強化-
② 1件当たり1,000万円~1,500万円(2年間分)
③ 2021年4月5日(月)[消印有効]
④ ニッセイ財団 環境問題研究助成 事務局


2021年度ニッセイ財団 環境問題研究助成 若手研究・奨励研究・・・詳細
① ニッセイ財団の「助成の趣旨」を踏まえた環境問題研究で、若手研究者の基礎的研究・萌芽的研究や新しい分野への 挑戦的研究(特に課題は設定していません)
② 1件当たり50万円~150万円
③ 2021年4月5日(月)[消印有効]
④ ニッセイ財団 環境問題研究助成 事務局


学生対象の公募

基礎生物学研究所(総合研究大学院大学 基礎生物学専攻)大学院説明会・・・詳細
基礎生物学研究所には、5年一貫および博士後期の大学院コース(国立大学法人 総合研究大学院大学 基礎生物学専攻)があり、20を超えるラボが大学院生を募集しています。大学院説明会をオンラインで開催します。
日時:2021年3月26日(金)午後1時より


その他の公募

山田科学振興財団 国際学術集会開催助成・・・詳細
募集内容:
①基礎科学の適切なテーマについて国際的視野で最高レベルの研究の現状を総括する国際学術集会
②基礎科学研究者の世代間の対話によって、若い世代の研究の発展の基礎を構築する国際学術集会
③基礎科学の異分野間の交流を図り、cross disciplinary な討論を通じて、新しい発展を模索する国際学術集会
応募者資格:日本の研究機関に所属する研究者
助成金額:総額800万円以内
募集期間:2020年4月1日~2021年2月28日必着
開催時期:2023年度開催予定の国際学術集会


令和3年度採択 e-ASIA JRP 「材料」分野、「環境」分野 共同研究課題募集・・・詳細
国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)は、「e-ASIA共同研究プログラム(e-ASIA Joint Research Program; "e-ASIA JRP")」に参加し、3カ国以上の多国間国際共同研究課題を支援しています。 e-ASIA JRPは、アジア地域において、科学技術分野の研究開発力の強化を目指し、研究交流を加速するとともに、アジア諸国が共通して抱える課題の解決を目指し、国際共同研究を推進する事業です。 本公募ではe-ASIA JRPに参加する各国の公的研究費配分機関のうち有志機関と協力し、以下のとおり共同研究課題の提案を募集します。
■公募期間:令和2年12月15日(火曜日)~令和3年3月29日(月曜日)
■対象分野:①材料分野:「マテリアルズ・インフォマティクス」
      ②環境分野:「海洋科学と気候変動」
■支援期間:3年間
■支援金額:上限2700万円(間接経費30%は別途)

topへ