日本生態学会

Home > その他の情報 >公募のお知らせ

教員・研究員・学芸員・職員等の公募

新潟大学理学部附属臨海実験所 助教公募・・・詳細
所属:教育研究院 自然科学系 生命・食料科学系列
担当研究科・学部:理学部附属臨海実験所・大学院自然科学研究科 生命・食料科学専攻 基礎生命科学コース
職種・人員:助教(常勤・任期なし)1名
応募の締切:平成29年4月5日(水)必着

海洋研究開発機構 地球表層物質循環研究分野 特任技術支援職の公募・・・詳細
募集対象部署:地球表層物質循環研究分野
募集職種:特任技術支援職 1名
応募締切:平成29年4月5日(水)必着

岩手県職員(岩手県環境保健研究センター研究職員)の募集・・・詳細
職種・採用予定人員:研究職員・1名
職務内容:岩手県環境保健研究センター(盛岡市)に勤務し、野生生物(ほ乳類)の生態を主とする分野に関する研究等の業務に従事します。
受付期間:平成29年2月27日(月)~4月7日(金)※郵送又は持参

海洋研究開発機構 数理科学・先端技術研究分野 研究員もしくは技術研究員の公募・・・詳細
募集対象部署:数理科学・先端技術研究分野
募集職種:研究員もしくは技術研究員 1名
応募締切:平成29年5月2日(火)必着

東北大学大学院生命科学研究科生態科学分野 教授公募・・・詳細
職・人数: 教授 1名
所属:大学院生命科学研究科 生態システム生命科学専攻
専門分野など:生態科学の分野で顕著な研究業績を挙げており、本研究科における教育、研究に意欲的に取り組まれる方。研究対象や手法は問いません。なお、本学理学部生物学科の講義、実習を担当していただく場合があります。
着任予定時期:2018年4月1日以降のなるべく早い時期
公募締め切り:2017年5月22日(月)必着

情報・システム研究機構国立情報学研究所研究教育職員の公募・・・詳細
公募職名・人員:准教授又は助教 あわせて若干名(※教授としての採用を考慮する場合もあります。)
任期:5年間
研究開発分野:情報学プリンシプル研究分野、アーキテクチャ科学研究分野、コンテンツ科学研究分野、情報社会相関研究分野
応募期限:平成29年5月31日(水)【必着】

研究助成および賞の公募

日本生態学会に寄せられた公募について,①対象,②助成又は賞などの内容,③応募締め切り,④申し込み・問合せ先をお知らせします.

研究助成金申請の学会推薦について

平成29年度ニッセイ財団環境問題研究助成・・・詳細
学際的総合研究
①人間活動と環境保全との調和に関する研究 -人と自然が共生する持続可能な地域づくり、 自然災害と環境保全-
②1件当たり2年間、1,000万円~1,500万円
若手研究・奨励研究
①ニッセイ財団の「助成の主旨」を 踏まえた環境問題研究で、若手研究者の基礎的研究・萌芽的研究や新しい分野への挑戦的研究。年齢は45歳以下。
②50万円~150万円
③平成29年4月3日(必着)
④ニッセイ財団環境問題研究助成事務局

第14回(平成29年度)日本学術振興会賞・・・詳細
①人文学、社会科学及び自然科学の全分野。国内外の学術誌等に公表された論文、著書、その他の研究業績により学術上特に優れた成果を上げたと認められる者のうち、当該年度の4月1日現在以下の条件を満たす者です。
1)45歳未満 2)博士の学位を取得 3)外国人の場合は推薦時点において我が国で5年以上研究者として大学等研究機関に所属しており、今後も継続して我が国で研究活動を予定していること
②25件程度とし、受賞者には、副賞として研究奨励金110万円を贈呈
③受付期間: 平成29年4月7日(金)~12日(水)17:00(必着)
④日本生態学会事務局(学会推薦が必要です

公益信託四方(しかた)記念地球環境保全研究助成基金・・・詳細
①下記のいずれかをテーマとした、海外を場とした現地での調査をともなう独立した研究を対象とします
1.熱帯雨林の減少、砂漠化の進行等の地球規模の自然環境問題に関する調査・研究
2.絶滅のおそれのある生物等の生態及びその保護・回復に関する調査・研究
3.人間の生活と両立する自然環境、野生生物等の管理手法に関する調査・研究
②1件あるいは2件、総額50万円を予定
③応募期間:平成29年3月1日(水)~5月8日(月)
④一般財団法人 自然環境研究センター 事務局 公益信託基金担当

学生の公募

基礎生物学研究所(総合研究大学院大学 基礎生物学専攻)オープンキャンパス2017・大学院説明会・・・詳細
基礎生物学研究所は、大学生および修士院生など大学院進学に関心のある方を対象としたオープンキャンパス2017・大学院説明会「春休み!基礎生物学研究所に行こう。」を開催します。当日は、研究室を訪問して、その研究内容や研究環境を知る絶好の機会です。在校生やラボメンバーの話を聞くことも出来ます。是非、お気軽にご参加下さい。
会場: 基礎生物学研究所(愛知県岡崎市)
日時: 2017年3月24日(金)午前11時より

京都大学生態学研究センター オープンキャンパス2017・・・詳細
京都大学生態学研究センターは、主に修士課程からの大学院入学をお考えの学生を対象としてオープンキャンパスを開催します。今年からは、東京でも開催します。たくさんの皆様のご来場を、心よりお待ち申し上げます。興味のある方、是非ご検討ください。
【京都会場】
 日程:2017年4月1日(土) 9:00~17:00
 場所:京都大学生態学研究センター
【東京会場】
 日程:2017年4月14日(金) 17:30~19:30
 場所:京都大学 東京オフィス

2017年度アフリカでのグローバル人材育成プログラム公募・・・詳細
本プログラムは、将来の日本をリードし、日本とアフリカの友好・協力関係の促進に貢献する人材育成を目的としております。日本人の大学院生を対象に、アフリカをフィールドとする研究の渡航費用および滞在費用等を負担するとともに、現地専門家による研究指導をコーディネートしています。
◆対象者と期間:日本の教育機関に所属している日本人大学院生
・修士課程 6~8名:2~3カ月
・博士課程 3~5名:3~6カ月
◆派遣先国:アフリカ (例>ガーナ、ケニア、セネガル、南アフリカ等)
◆研究分野:基礎生物学、教育学、社会学、獣医学、土木工学 等
◆募集期間:2017年3月20日~4月20日

その他の公募

第5回 生物多様性日本アワード プロジェクト公募・・・詳細
 「生物多様性日本アワード」は、2010年に名古屋で生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)が開催されるのに先立ち、2009年に創設されました。第5回を迎える今回も、日本国内の団体(任意団体を含む)、個人、企業、学校法人・研究機関を対象に、「生物多様性の保全と持続可能な利用に関するプロジェクト」を広く公募し、優秀な事例を顕彰します。 グランプリ受賞者(1件)には表彰状と副賞200万円が、優秀賞(4件)には表彰状と副賞100万円がそれぞれ贈呈されます。
締切: 2017年5月10日(水)
主催: 公益財団法人イオン環境財団
後援: 環境省、国連生物多様性の10年日本委員会

topへ