日本生態学会

Home > その他の情報 >公募のお知らせ

教員・研究員・学芸員・職員等の公募

鹿児島大学農学部農林環境科学科森林科学コース 助教・・・詳細
職・人数:助教・1名(女性限定)
所属:鹿児島大学農学部農林環境科学科森林科学コース
専門分野:森林保護学(森林動物学)
応募締切日:平成30年4月13日必着


東北大学大学院農学研究科 水圏植物生態学分野 助教(任期付)・・・詳細
募集人員:助教(任期付) 1人
分野名:水圏植物生態学分野
公募締切:平成30年4月19日(木)必着


早稲田大学 教育・総合科学学術院 理学科 生物学専修 専任教員・・・詳細
研究分野:生態学(植物およびそれに関連した「環境と生物との相互作用」に関する研究)
授業担当分野:生態学などの専門科目(生態学I、IIなど)、野外実習、その他
人員:1名(専任講師、准教授、教授)
応募締切:2018年4月27日(金)(必着)


岡山大学大学院自然科学研究科 地球生命物質科学専攻生物科学講座 准教授・・・詳細
公募人員:准教授1名
所属:自然科学研究科地球生命物質科学専攻生物科学講座
研究分野:生理生態学,行動生態学,もしくは系統進化学
応募締切:平成30年4月30日(月)必着


国立研究開発法人海洋研究開発機構 大気海洋相互作用研究分野 研究員公募・・・詳細
募集対象部署:大気海洋相互作用研究分野
募集職種:研究員もしくは技術研究員 1名
応募締切:平成30年5月1日(火)必着


国立研究開発法人海洋研究開発機構 国際ポストドクトラル研究員公募・・・詳細
海洋研究開発機構(JAMSTEC)では、博士号をもつ優れた若手研究者が、その研究課題をより卓越した業績へと発展させる事を目的とし、国際ポストドクトラル研究員制度を設けています。
募集職種:国際ポストドクトラル研究員 4~5名
関連する専門分野:すべての自然科学・工学分野
応募締切:平成30年5月28日(月)必着


情報・システム研究機構国立情報学研究所研究教育職員の公募・・・詳細
公募職名・人員:准教授又は助教 あわせて若干名
任期:5年間
期待される研究者:我が国における情報学分野の未来を自身が開拓するという気概を持ち、トップカンファレンス・トップジャーナル等で戦える成果の創出、あるいは、社会に貢献できる成果を具現化できる研究者を求めます。
応募期限:平成30年5月31日(木)【必着】

研究助成および賞の公募

日本生態学会に寄せられた公募について,①対象,②助成又は賞などの内容,③応募締め切り,④申し込み・問合せ先をお知らせします.

研究助成金申請の学会推薦について


平成30年度 CREST・さきがけ・ACT-I公募スケジュール、研究提案募集説明会の開催について・・・詳細
●公募のスケジュール(予定)
 JSTは、戦略目標の達成に向けた研究領域及び研究総括を選定し、以下のスケジュールで戦略的創造研究推進事業(CREST・さきがけ・ACT-I)の平成30年度研究課題の公募・選定等を行う予定です。なお、本研究提案募集の予告は、国会における平成30年度政府予算の成立を前提として行っています。
<スケジュール>
 ・4月上旬~6月上旬 研究課題の公募
 ・6月中旬~9月中旬 研究課題の選定
 ・10月1日(予定)  研究の開始
【注】以上のスケジュールは現時点での予定であり予告無く変更することがありますので、予めご了承ください。
●募集説明会の開催(予定)
 JSTでは、戦略的創造研究推進事業(CREST・さきがけ・ACT-I)における平成30年度の研究提案募集に関連して募集説明会を開催します。(一部の領域を除く)  ご関心のある多くの方々のご参加をお待ちしております。


公益信託四方(しかた)記念地球環境保全研究助成基金・・・詳細
①下記のいずれかをテーマとした、海外を場とした現地での調査をともなう独立した研究を対象とします
 1.熱帯雨林の減少、砂漠化の進行等の地球規模の自然環境問題に関する調査・研究
 2.絶滅のおそれのある生物等の生態及びその保護・回復に関する調査・研究
 3.人間の生活と両立する自然環境、野生生物等の管理手法に関する調査・研究
②1件あるいは2件、総額50万円を予定
③応募期間:平成30年3月1日(木)~5月7日(月)
④一般財団法人 自然環境研究センター 事務局 公益信託基金担当


公益信託エスペック地球環境研究所・技術基金平成30年度助成対象者募集・・・詳細
①大学・大学院および工業高等専門学校、ならびにそれらに付属する研究機関の構成員またはそのグループであること。研究のテーマは、地球環境問題の解決に資する調査研究および技術開発に関するものであること。同一テーマの研究で、他の基金などから助成を受けていない、または受ける予定のないこと。
②900万円を上限に、10~20件の助成を予定
③平成30年5月31日(必着)
④みずほ信託銀行株式会社 大阪信託総合営業部 営業第二チーム「公益信託エスペック地球環境研究・技術基金」担当


第9回(平成30年度)日本学術振興会育志賞・・・詳細

◎我が国の大学院博士課程学生であって、平成30年4月1日において34歳未満の者で、平成30年5月1日において次の1)から4)のいずれかに該当する者
 1)区分制の博士後期課程に在学する者
 2)一貫制の博士課程3年次以上の年次に在学する者
 3)後期3年のみの博士課程に在学する者
 4)医学、歯学、薬学又は獣医学系の4年制博士課程に在学する者
◎大学院における学業成績が優秀であり、豊かな人間性を備え、意欲的かつ主体的に勉学及び研究活動に取り組んでいる者
②毎年度16名程度とし、受賞者には賞状、賞牌及び副賞として学業奨励金110万円を贈呈
③受付期間:平成30年6月4日(月)~8日(金)17:00(締切)
④日本生態学会事務局(学会推薦が必要です


遠山椿吉記念 食と環境の科学賞・・・詳細
①日本を拠点に活動する個人の研究者または研究グループ
 今年度の重点課題は「食品の安全」「食品衛生」「食品の機能」「食品媒介の感染症・疾患」「生活環境衛生」にかかわる研究です
②賞金100万円
③応募期間:平成30年4月1日~6月30日(消印有効)
④一般財団法人東京顕微鏡院 公益事業室「遠山椿吉賞」運営事務局

学生の公募

国立遺伝学研究所 大学院一日体験会(5年一貫制博士課程・博士後期課程)・・・詳細
国立遺伝学研究所 (遺伝研) では,「染色体・細胞」「発生・生殖」「脳科学」「エピジェネティクス」「進化・多様性」「ゲノム・大量情報」などのキーワードで,様々なモデル生物やデータベースを用いた最先端の研究をおこなっています。また,遺伝研は、総合研究大学院大学 (総研大) 生命科学研究科 遺伝学専攻として,大学院生の教育をおこなっています。総研大のコンセプトは 「優れた研究環境と人材を活用してトップクラスの研究者を養成する」 ことです。是非、一日体験会で遺伝研の研究環境を体感してください。
日時:2018年5月26日(土)13:00~17:40
場所:国立遺伝学研究所(静岡県三島市)
◎事前申し込みにより交通費(片道) 支給 ※事前申し込み締め切り2018年5月24日(木) 正午

その他の公募

2019~2020年開催 藤原セミナー募集・・・詳細
対象分野:自然科学の全分野
応募資格:わが国の大学等学術研究機関に所属する常勤の研究者
開催件数・開催費用援助額:2 件以内・1件につき12, 000千円以内
セミナーの要件:セミナーは、国際的にも学問的水準の高いものとし、そのテーマはなるべく基礎的なもの で、関連分野を含めた発展に寄与するものであること。セミナー開催対象期間は2019年1月1日~2020年12月31日等。
申請受付期間:2017年(平成29年)4月1日(土)〜同年7月31日(月)(必着)


山田科学振興財団 国際学術集会開催助成・・・詳細
募集内容:
①基礎科学の適切なテーマについて国際的視野で最高レベルの研究の現状を総括する国際学術集会
②基礎科学研究者の世代間の対話によって、若い世代の研究の発展の基礎を構築する国際学術集会
③基礎科学の異分野間の交流を図り、cross disciplinary な討論を通じて、新しい発展を模索する国際学術集会
応募者資格:日本の研究機関に所属する研究者
助成金額:総額は800 万円以内
募集期間:2018年4月1日(日)~2019年2月22日(金)
開催時期:2021年度開催予定の国際学術集会

topへ