日本生態学会

Home > その他の情報 >公募のお知らせ

教員・研究員・学芸員・職員等の公募

信州大学農学部附属アルプス圏フィールド科学教育研究センター 助手(特定雇用)の公募・・・詳細
募集人員:助手(特定雇用)・1名
所属:信州大学農学部附属アルプス圏フィールド科学教育研究センター
専門分野:森林生産,森林計画,森林利用,植生管理に関連する分野
応募締切:平成31年2月12日(火)必着


研究助成および賞の公募

日本生態学会に寄せられた公募について,①対象,②助成又は賞などの内容,③応募締め切り,④申し込み・問合せ先をお知らせします.

研究助成金申請の学会推薦について


山田科学振興財団 2019年度研究援助・・・詳細
① 自然科学の基礎的研究に対する研究費助成。萌芽的で将来の発展が期待される基礎研究を重視
② 1件当たり100~500万円、総額3,000万円
③ 2019年2月22日(必着)
④ 日本生態学会事務局(学会推薦が必要です


2019年度ニッセイ財団 環境問題研究助成募集・・・詳細
① 【学際的総合研究】人間活動と環境保全との調和に関する研究-人口減少社会における持続可能な地域づくり、気候変動の影響や自然災害に対する適応力の強化-
【若手研究・奨励研究】ニッセイ財団の「助成の趣旨」を踏まえた環境問題研究で、若手研究者の基礎的研究・萌芽的研究や新しい分野への 挑戦的研究
② 学際的総合研究:1件当たり1,000万円~1,500万円(2年間分)、若手研究・奨励研究:1件当たり50万円~150万円。総額4,000万円程度
③ 2019年4月1日(月)[消印有効]
④ ニッセイ財団環境問題研究助成事務局


学生の公募

基礎生物学研究所(総合研究大学院大学 基礎生物学専攻)大学院説明会・オープンキャンパス・・・詳細
基礎生物学研究所(大学共同利用機関法人・自然科学研究機構)には、5年一貫および博士後期課程の大学院コース(国立大学法人 総合研究大学院大学 基礎生物学専攻)があります。3月22日(金)に基礎生物学研究所(愛知県岡崎市)にて大学院説明会・オープンキャンパスを行います。
当日は、研究室を訪問して、その研究内容や研究環境を知る絶好の機会です。在校生やラボメンバーの話を聞くこともできます。是非、お気軽にご参加下さい。
会場:基礎生物学研究所(愛知県岡崎市)
日時:2019年3月22日(金)午後1時より


【国立遺伝学研究所】総研大遺伝学専攻 体験入学(春休み定期コース)・見学会・・・詳細
■体験入学(春休み定期コース)
実際に遺伝研の研究室に所属し、研究を体験してもらうプログラムです。 期間中は所内のゲストハウスに滞在し、実験だけでなく、討論、セミナー参加など遺伝研での研究生活を体験することができます。
・期間:2019年 2月25日(月)~ 3月 1日(金)
・場所:国立遺伝学研究所
・参加費:無料(交通費宿泊費を支援します。)
・応募資格:学部3年生以上、高専専攻科生、修士課程大学院生
・応募締切:2019年1月4日(金)
■見学会
見学会では、パネル展示で各研究室での研究活動を紹介します。 また、様々な研究室を訪問して最先端の研究現場を見学できます。多くの教員・研究員・大学院生と直接対話できる絶好の機会です。
・日時:2019年 2月27日(水)午後
・場所:国立遺伝学研究所
・参加費:無料(交通費補助はありません。)
・応募資格:学部生、高専専攻科生、修士課程大学院生(遺伝研の大学院に興味のある方)
・応募締切:2019年2月26日(火)
 ※ 当日参加も可能ですが、できるだけ事前登録をお願いします。
 ※ 体験入学参加者は見学会にも原則全員参加のため、見学会への申込は不要です。


その他の公募

山田科学振興財団 国際学術集会開催助成・・・詳細
募集内容:
①基礎科学の適切なテーマについて国際的視野で最高レベルの研究の現状を総括する国際学術集会
②基礎科学研究者の世代間の対話によって、若い世代の研究の発展の基礎を構築する国際学術集会
③基礎科学の異分野間の交流を図り、cross disciplinary な討論を通じて、新しい発展を模索する国際学術集会
応募者資格:日本の研究機関に所属する研究者
助成金額:総額は800 万円以内
募集期間:2018年4月1日(日)~2019年2月22日(金)
開催時期:2021年度開催予定の国際学術集会

topへ