日本生態学会

Home > その他の情報 >公募のお知らせ

教員・研究員・学芸員・職員等の公募

JAMSTEC地球環境部門環境変動予測研究センター 基盤的気候モデル開発応用グループポストドクトラル研究員・・・詳細            Please see this URL for details ⇒ English
募集職種:ポストドクトラル研究員 1名
専門分野:海洋学、気候学、数値シミュレーションなど
応募資格:関連分野の博士号取得者(採用日までに取得見込み含む)、又は2017年4月以降に学位を取得した方
勤務地:JAMSTEC横浜研究所
応募締切:2022年12月05日(月)
お問合せ:JAMSTEC人事部


京都大学大学院理学研究科 生物科学専攻(動物学系) 助教(女性限定)・・・詳細
募集職種:助教 1名(女性に限る)
専門分野:主に動物の個体群・群集を対象とした生態学
応募資格:博士の学位取得者(令和5年03月末日時点で博士学位取得後7年以内、または令和5年03月末日までに学位取得見込みの方)
応募締切:令和4年12月09日(金)
お問合せ:京都大学大学院理学研究科動物学教室


JAMSTEC付加価値情報創生部門地球情報科学技術センター データサイエンス研究グループ 主任研究員もしくは副主任研究員 ・・・詳細      Please see this URL for details ⇒ English
募集職種:主任研究員もしくは副主任研究員 1名
専門分野:海洋学、地球科学、計算科学、情報科学、環境科学等
応募資格:当該研究もしくは技術開発に関連する分野の博士号取得者
勤務地:JAMSTEC横浜研究所
応募締切:2022年12月25日(日)必着
お問合せ:JAMSTEC人事部


JAMSTEC超先鋭研究開発部門 超先鋭研究開発プログラム 主任研究員・・・詳細
                        Please see this URL for details ⇒ English
募集職種:主任研究員 1名
専門分野:微生物生態学、生物情報学、生物進化学、地球化学、地球科学
応募資格:当該研究もしくは技術開発に関連する分野の博士号取得者
勤務地:JAMSTEC横須賀本部
応募締切:2022年12月26日(月)必着
お問合せ:JAMSTEC人事部


東京工業大学科学技術創成研究院 研究員・・・詳細            
募集職種:研究員・ポスドク相当 1名
専門分野:微生物生態学、統計物理学、生物情報科学
応募資格:博士の学位を有する、もしくは着任までに取得見込みであること、データに基づく微生物数理生態学の確立に情熱的に取り組める方
応募締切:2023年01月03日 必着
お問合せ:東京工業大学科学技術創成研究院ビッグデータ数理科学研究ユニット


JAMSTEC地球環境部門北極環境変動総合研究センター 北極化学物質循環研究グループ ポストドクトラル研究員・・・詳細            Please see this URL for details ⇒ English
募集職種:ポストドクトラル研究員 1名
専門分野:リモートセンシング学、環境科学、生態学、地球惑星科学、農学、林学、情報科学など
応募資格:関連分野の博士号取得者(採用日までに取得見込み含む)、又は2017年4月以降に学位を取得した方
勤務地:JAMSTEC横浜研究所
応募締切:2023年01月04日(水)必着
お問合せ:JAMSTEC人事部


JAMSTEC地球環境部門環境変動予測研究センター 地球システムモデル開発応用グループ 特任研究員もしくはポストドクトラル研究員 ・・・詳細
Please see this URL for details ⇒ English
募集職種:特任研究員もしくはポストドクトラル研究員 1名
専門分野:環境経済学、計算科学等
応募資格:
〇特任研究員・・・当該研究もしくは技術開発に関連する分野の博士号取得者
〇ポストドクトラル研究員・・・関連分野の博士号取得者(採用日までに取得見込み含む)、又は2017年4月以降に学位を取得した方
勤務地:JAMSTEC横浜研究所
応募締切:2023年01月12日(木)
お問合せ:JAMSTEC人事部


大阪大学大学院理学研究科生物科学専攻 教授(女性限定)・・・詳細
Please see this URL for details ⇒ English
募集職種:教授 1名
専門分野:生物科学
応募資格:女性であること、博士学位または同等の能力、研究実績があること
     業務に支障ないレベルの日本語及び英語能力があること
勤 務 地:豊中キャンパス
応募期限:2023年01月17日(火)必着
お問合せ:大阪大学大学院理学研究科生物科学専攻


研究助成および賞の公募

日本生態学会に寄せられた公募について,①対象,②助成又は賞などの内容,③応募締め切り,④申し込み・問合せ先をお知らせします

研究助成金申請の学会推薦について


公益財団法人下中記念財団 第61回(令和4年度)下中科学研究助成金・・・詳細
この研究助成金は、学校教育に携わる先生等の教育のための真摯な研究を助成し、その発展を願うためのものです。理系、文系に拘らず広く教育全般にかかわる今日的課題を取り上げたものを募集します。
① 全国小学校、中学校、高等学校、中等教育学校、特別支援学校及び高等専門学校の教員、並びに教育センターや教育委員会等にあって教育実務を行う方
  ※ 個人研究、共同研究のいずれについても応募可能(1人1件に限る)
② 1件当たり30万円(30件を予定)
③ 令和4年06月01日 ~ 12月01日 20時まで
④ 公益財団法人 下中記念財団事務局


科学技術振興機構(JST)第2回羽ばたく女性研究者賞(マリア・スクウォドフスカ=キュリー賞)・・・詳細
ポーランドが生んだ偉大な研究者マリア・スクウォドフスカ=キュリーは30代前半に行った研究の成果によりノーベル物理学賞と化学賞を受賞しました。彼女のように世界に羽ばたく若手女性研究者たちを応援し、国際的に活躍が期待される取組を表彰します。
① 日本国籍をもち、2023年4月1日時点で博士学位取得5年程度までの女性研究者(ポスドク含む)、大学院生(博士後期課程)、およびこれらに相当する方
  研究分野:科学技術に関連する幅広い研究
② 最優秀賞:1名、賞金100万円、ポーランドへの渡航・滞在費を支弁
  奨励賞:2名、賞金各50万円
③ 2022年09月30日 ~ 12月12日 12時まで
④ JST科学技術イノベーション人材育成部


一般社団法人日本化学工業協会 第11期「日化協LRI(長期自主研究)」研究課題・・・詳細
日本化学工業協会(日化協)では「ヒトの健康や環境に及ぼす化学物質の影響」に関する研究を長期的に支援していく研究助成制度「LRI」を2000年より推進しています。今回は日化協が指定する6つの研究テーマに対する提案依頼書による研究課題を募集し助成を行います。
① 応募資格:原則、国籍、所属、職階、年齢等の制限なし
研究テーマ:
(1)動物実験代替法の開発
(2)新規な課題を解決するための試験法の開発
(3)ヒトへのばく露に関する研究
(4)環境へのばく露に関する研究
(5)新しい特性を持つ化学物質の安全性評価
(6)化学物質法規制における安全性評価を推進する評価法の開発
② 1件あたり、年間上限1,000万円程度(新規採択は3~5件予定)
③ 2022年11月07日 ~ 12月14日
④ 一般社団法人日本化学工業協会LRI事務局


公益財団法人藤原科学財団 第64回藤原賞候補者募集・・・詳細
藤原科学財団は、日本の製紙王といわれた故藤原銀次郎翁が寄附された私財を基金として、1959年(昭和34年)に創設されました。日本国籍を有し、科学技術の発展に卓越した貢献をされた方を対象に、第64回藤原賞受賞候補者を推薦募集いたします。
① 日本の国籍を持ち、自然科学分野に属した研究者(推薦候補者は必ず所属組織・研究機関の長による推薦が必要)
② 賞状、賞牌および副賞1,000万円(2件)
③ 2022年12月15日必着
④ 日本生態学会事務局 ※ 学会推薦が必要です


公益財団法人水産無脊椎動物研究所2023年度研究助成課題(個別研究・育成研究)・・・詳細
当財団は、水棲の無脊椎動物(昆虫類を除く)の形態・発生・生理・分類・系統・生態・行動などに関するフィールドでの生物学的調査・研究を中心に個別および育成研究助成課題を募集しています。生物そのものを対象に行う調査・研究や、マイナーな生物群や分野の研究応募を歓迎します。
〇個別研究助成
対象:日本居住または、日本国籍を保有し海外居住の方(年齢や資格不問)
研究分野:水産(水棲)無脊椎動物(昆虫類を除く)の形態・発生・生理・分類・系統・生態・行動などに関するフィールドでの生物学的な調査研究
内容:1課題あたり上限70万円/年(10件程度)
〇育成研究助成
対象:採択される年度に国内の大学院課程在籍の学生で(進学予定含む)、大学院研究科の指導教員等に推薦を受けられる方
研究分野:水産(水棲)無脊椎動物(昆虫類を除く)の形態・発生・生理・分類・系統・生態・行動などに関するフィールドでの生物学的な調査研究
内容:2年継続して1年目上限100万円、2年目上限100万円(3件程度)
③ 2023年01月07日(土)
④ 公益財団法人水産無脊椎動物研究所


北極域研究加速プロジェクト(ArCS II)海外若手研究者(2023年度計画開始)・・・詳細
本公募は、ArCS IIの重点課題として、北極域研究に取り組んでいる海外若⼿研究者を北極圏国および⾮北極圏国を問わず幅広く募集し、支援します
① 対象:日本の大学や研究機関に所属する研究者で、受入研究者の指導のもとに北極域に関する共同研究に従事できる方
研究分野:北極域に関係するすべての研究分野(⾃然科学系、⼈⽂科学系、社会科学系、⼯学系、医学系)
② 総額800万円以内/年(採択予定1名)
③ 2023年1月10日(火)正午必着
④ 国立極地研究所 国際北極環境研究センター


公益財団法人三菱財団第54回(2023年度)自然科学研究助成(一般助成・若手助成)・・・詳細
近年の自然科学の進歩はめざましく、各学問分野の研究の深化はもとより分野間の相互作用により、つぎつぎに新たな研究領域が誕生しつつあります。本事業では、自然科学のすべての分野にかかわる独創的かつ先駆的研究を支援します。
〇一般助成
応募資格:
1)原則、一つのテーマとして独立した個人研究(但し少数グループによる研究も含む)を対象とし、代表研究者は日本国内居住、国内に継続的な研究拠点を有すること(国籍や年齢不問)
2)営利企業等及び関係者は、代表研究者及び協同研究者になれません
3)複数応募不可
4)過去に本財団から助成を受けたテーマと研究内容が同一の場合、対象外となることがあります
内容:1件あたり2,000万円以内/年(40件程度)
〇若手助成
対象:上記「応募資格」に加え、2023年4月1日時点で40歳未満の方、または40歳未満かつ博士学位取得者後10年未満の方に限ります
内容:1件あたり一律400万円/年(15件程度)
③ 2023年01月06日(金)~02月03日(金)17時
④ 公益財団法人三菱財団事務局


公益財団法人山田科学振興財団 2023年度研究援助・・・詳細
当財団は自然科学の基礎的研究に対して、研究費の援助を致します。「萌芽的・独創的研究」、「 新規研究グループで実施される研究」、「学際性、国際性の観点からみて優れた研究の対象分野」を援助趣旨とし、推薦募集を致します。
① 日本の研究機関に所属する研究者で、当該研究の代表者であること
② 援助額1件あたり150~300万円(期間は2023年8月頃から約1年半)
③ 2023年2月28日
④ 日本生態学会事務局 ※ 学会推薦が必要です


学生対象の公募

その他の公募

公益財団法人山田科学振興財団 国際学術集会開催援助・・・詳細
自然科学の基礎的分野における国際学術集会について「山田コンファレンス」もしくは「山田シンポジウム」として開催することを希望する提案を広く募集し、主たる開催費を援助いたします
募集対象:2025年度に日本国内で開催を計画する国際学術集会
援助規模:800万円上限 1件程度
申請期間:2022年04月01日~2023年02月28日
問合せ先:公益財団法人山田科学振興財団 事務局


topへ