日本生態学会

Home > その他の情報

個人情報等の取り扱い方針(プライバシーポリシー)

一般データ保護規則(General Data Protection Regulation:GDPR)への対応について日本生態学会では、EUにて施行される一般データ保護規則(General Data Protection Regulation:GDPR)に対応したプライバシーポリシーの改訂作業を進めております。

Ecological Society of Japan is conforming to GDPR, currently GDPR policy is preparing. You can refer to our private policy here. The General Data Protection Regulation (GDPR) adopted by EU member countries fortifies data privacy rights, given individuals control over when and how personal information is gathered and used. GDPR mandates go into effect May 25, 2018.

 日本生態学会(以下、学会とする)は、生態学会会員(以下、会員とする)の個人情報を取り扱うにあたって、その重要性を認識し、プライバシー保護の観点から基本的な方針を「個人情報等の取り扱い方針」として制定します。 学会は、会員の個人情報を適切に取り扱うため、学会の運営に必要な限りにおいて適法かつ公正な手段によって個人情報を収集し、個人情報の利用や提供等はこの方針に従い目的の範囲内で行います。学会は、取り扱う個人情報について、不正なアクセス、紛失、漏洩等のおそれに対する、組織および技術上の合理的な防止策や是正策を講じます。また、この方針ならびにそれに基づく個人情報保護の取り組みについて定期的に点検して継続的に改善に努めます。

1. 個人情報とは
個人情報とは、会員ならびに本学会の活動に関係する非会員の氏名や生年月日等、特定の個人を容易に識別し得る情報を指します。

2.個人情報の利用目的
学会が会員の個人情報を利用するのは以下の場合に限り、目的外には利用しません。

  1. 学会が何らかの方法で会員に会報等の刊行物や各種案内を送付する場合。
  2. 学会が何らかの理由で会員に連絡を取る必要が生じた場合。
  3. 学会における事業の改善のために何らかの分析を行う場合(この場合、会員個人が特定されることはありません)。

3.個人情報の管理
学会は、会員の個人情報は細心の注意をもって取り扱い、厳重に管理します。

4.個人情報の提供・開示
学会は、会員の個人情報を以下の場合を除いて、第三者に提供または開示をすることはありません。

  1. 会員本人の同意があった場合。
  2. 法令に基づいて公的機関から求められた場合。
  3. 学会と機密保持契約を締結した業務委託先等の第三者に対して必要最低限の情報を提供する場合。

5.個人情報保護方針の変更
学会は、個人情報の取り扱いについて継続的に改善に努めます。本方針が予告なく変更されることがありますが、変更についてはニュースレター、学会ホームページ等に掲載します。

topへ