日本生態学会

Home > その他の情報 >シンポジウム等のお知らせ

シンポジウム等のお知らせ

2018年度(第27回)ブループラネット賞受賞者記念講演会・・・詳細

<プログラム>
第1部 ブライアン・ウォーカー教授
 講演:レジリエンス思考の科学と実践
 質疑応答:コーディネーター 北山兼弘教授(京都大学森林生態学教授)
第2部 マリン・ファルケンマーク教授
 東京講演「水」―生物圏をめぐる血潮
 京都公演 「水思考の転換」ーサハラ以南のアフリカにおける飢餓軽減のために
 質疑応答:コーディネーター 沖大幹教授(国際連合大学上級副学長、国際連合事務次長補)

■東京会場■
日時:2018年10月11日(木) 13:20から16:45
会場:国際連合大学3階 ウ・タント国際会議場
■京都会場■
日時:2018年10月13日(土) 13:20から16:45
会場:京都大学 百周年記念ホール
入場ご希望の方は、9月13日までに【お申込みフォーム】からご応募ください。


第78回地球研市民セミナー 自然を活かして防災する:災害と恵みのかかわり・・・詳細

総合地球環境学研究所(地球研)では、地球環境問題を具体例に則してわかりやすく解説する「地球研市民セミナー」を年に数回開催しております。
日時:2018年10月11日(木)18:30-20:00(18:00開場)
会場:ハートピア京都 3階大会議室
講師:吉田 丈人(総合地球環境学研究所・准教授)
聴講無料・要申込・定員200名(申し込み順)
申込・問合せ:総合地球環境学研究所 広報室


日本生態学会後援

第17回世界湖沼会議(いばらき霞ヶ浦2018)・・・詳細

テーマ:人と湖沼の共生 ―持続可能な生態系サービスを目指して―
会期:平成30年10月15日(月)~19日(金)
会場:つくば国際会議場ほか


2018年度「先進ゲノム支援」情報解析講習会・・・詳細

「先進ゲノム支援」では支援活動の一環として情報解析講習会を開催しています。 今年度は、中級者向けの講習会として、プログラミング言語「Python」を 用いたRNA-seqデータの視覚化や多変量解析等のプログラミング実習を 中心に、以下の要領で情報解析講習会を開催いたします。
日時:2018年11月19日(月)13:00 ~11月21日(水)13:00
会場:国立遺伝学研究所 (静岡県三島市谷田1111)
募集人員:若手研究者20名程度
申し込み〆切:2018年10月16日(火)


平成30年度 自然史学会連合講演会 海と山岳のきときと自然史研究・・・詳細

自然史研究の魅力を知って頂くために、海の生きもの、山の生い立ち、高山の植物、大陸からやってくる黄砂の話題を集めました。第一線の研究者が、自然史の魅力と最新の研究成果をわかりやすくお話しします。
開催日:2018 年 10 月 28 日(日)
会 場:富山市科学博物館(富山市西中野町1-8-31)
主 催: 自然史学会連合・富山市科学博物館


国立遺伝学研究所 公開講演会2018「出張!遺伝研」・・・詳細

最先端の生命科学研究について、研究者が分かりやすく講演します。講演者の他にも、遺伝研の研究者が会場に集結し、パネル展示を行います。また、大学院進学をお考えの方には、大学院(総合研究大学院大学 遺伝学専攻)について詳しくご紹介します。
日時:11月3日(土)12:30~16:00(12:00開場)
場所:学術総合センター2F 一橋講堂(東京メトロ「神保町駅」または「竹橋駅」より徒歩4分、JR「神田駅」より徒歩15分)
プログラム:
①講演:「遺伝情報を受け継ぐしくみ」准教授 村山泰斗(染色体生化学研究室)/「研究を支える生き物・情報・ヒト」准教授 川本祥子(系統情報研究室) ②パネル展示:遺伝研の研究成果をご紹介。会場に集結した研究者と直接対話できます。 ③大学院説明会:遺伝研での大学生活を大学院生がご紹介する時間や、大学院進学をお考えの方むけのパネル展示の時間を設けております。気軽にどんどん質問してください。
参加費:無料
申込期限:10月31日(水)※当日参加可


国立遺伝学研究所「遺伝研メソッドセミナー」・・・詳細

「遺伝研メソッド」は、「英語」と「科学的思考」の両方を強化するために遺伝研で開発された科学プレゼンテーションの教育プログラムです。科学者としての経験から気づいたコツや、目にしがちな間違いや失敗などを材料にしており、科学者目線で作られたプログラムとして大変好評をいただいています。このたび、広海健URAによる「遺伝研メソッドセミナー」本場遺伝研で開催することになりました。他大学や他研究機関からの積極的な参加をお待ちしております。
●日時:11月8日(木)13:30-16:30
●場所:国立遺伝学研究所 静岡県三島市谷田1111 
●講師:遺伝研リサーチ・アドミニストレーター室長 広海健
●プログラム:構成のストラテジー/情報提示の小技/Q&Aの心得
●対象者:研究発表に興味がある学生・ポスドク・教員など、プレゼン技術指導や科学英語教育に関心のある方
●言語:日本語
●参加費:無料
遺伝研では科学英語プレゼンテーションの 出前研修 も行っています。


東京大学大気海洋研究所共同利用研究集会「変化拡大するマイワシ資源」・・・詳細

1980年代末の資源量の激減から1990年代の低迷を経て、マイワシ資源は再び増加局面に入った。数十年規模で変動する資源の増加期に当たる今、最新の研究成果を総括し、マイワシ資源に生じている変化を捉え、今後の研究展開を議論する。
● 日時:平成30年11月19日(月)13:00~17:00 11月20日(火)10:00~15:00
● 場所:東京大学大気海洋研究所2F 講堂
● コンビーナー:渡邊千夏子(中央水研)、 髙橋素光(西海水研)、杉崎宏哉(水研機構本部)、伊藤進一(大気海洋研)


第6回 台湾ー日本生態学ワークショップ・・・詳細

 台湾と日本で2年ごとに開催されて、今回で10年目を迎えます。本ワークショップの背景と歴史については、 Ecological Research の Special Feature をご覧ください。今回も、台湾と日本の生態学者による幾つかの共同セッションと招待講演を企画しています。研究テーマに限らず、両国の生態学者や学生の交流、共同研究に興味のある方の参加とポスター発表を歓迎いたします。

場所:国立成功大学(台南市)
日時:2018年11月22日ー26日

topへ