日本生態学会

Home > 学会について >定款・規則一覧

一般社団法人日本生生態学会 旅費規則

(総則)
第1条 本規程は、一般社団法人日本生態学会役員・委員及び会長が認めた者(以下「役員等」という)が会務のため出張する場合に支給する旅費について定める。

第2条 旅費、宿泊費については、その原資は会員の年会費であることを自覚し、できるだけ経費を削減する努力をする。

(交通費の算定)
第3条 鉄道、船舶、航空の利用については、実費支給を原則とする。
2.鉄道の座席指定券を必要とする場合は、その料金を支給する。その際、片道10,000円以上の鉄道運賃・航空運賃の支給にあたっては、領収書(費用を支払ったことがわかる証明書)の提出を求める。

(宿泊費および日当の算定)
第4条 宿泊料は、職務遂行のため必要な場合旅行中の泊数に応じ、1泊10,000円を上限とした実費を支給する。その際、支給にあたっては、領収書(費用を支払ったことがわかる証明書)の提出を求める。
2.事務局職員については、1日あたり 2,200円(片道 100km未満を旅行する場合は交通費のみ)の日当を支給する。

(パック料金の取扱い)
第5条 交通費と宿泊費が一体になったチケットを利用する旅行等で、交通費、宿泊費毎の実費が不明な場合は、当該料金を支給額とする。その際、領収書(費用を支払ったことがわかる証明書)の提出を求める。

(協議処理)
第6条  国際会議等による海外への代表者派遣等の特別な場合で、本規程により処理できないときは、その都度、会長及び業務執行理事が協議して決定する。

(海外からの招聘)
第7条 海外からの招聘者(日本人を含む)の交通費については、第3条に倣って支給する。また、宿泊費については、5泊分までを上限として実費を支給する。日当については、6日分を上限として1日あたり2500円を支給する。

第8条 この規則の改訂は理事会の承認を得なければならない。

附 則 ①この規則は、平成26年1月24日から施行する。
    ②この規則の改訂は、平成26年6月22日から施行する。

別紙様式 (旅費請求書はこちらからダウンロードしてください。)